U-NEXTのファミリーアカウントのメリットとデメリットを解説!

U-NEXTmpファミリーアカウントは、自分を含めて4人まで登録可能で利用者になれる

U-NEXTのファミリーアカウントですが、これは自分を含めて第3者を4人まで登録することで、U-NEXTを利用する利用者になることが可能です。

この利点は、動画の見放題を第3者も楽しむことができる点でファミリーアカウントとありますが、別に対象はファミリーでなくともゲストというような形で登録すれば、第3者でも一応ファミリー扱いでU-NEXTのコンテンツを利用することができるのです。

よって、ファミリーでU-NEXTの利用料金を折半すれば、500円からU-NEXTを利用することが可能でかなり安い金額でサービスの利用ができるのです。

U-NEXTのファミリーアカウントのは、4台同時視聴ができる

U-NEXTは、実はファミリーアカウントに登録されているアカウントは、別々に同じ作品を一度に閲覧することが可能で、4台で同時に別の作品を視聴することができます。

ただし4台を超えて動画を閲覧することはできないので注意しましょう。

例えば一人がパソコンからログインした場合、先にパソコンがログインをしていますので、その人物がスマートフォンからログインすると、2代目と認識されるためログインできません。

これを許した場合、ファミリーアカウントを持つ人物がすべての端末からアクセスできることになり、パソコンやスマホにゲーム機からなど様々な端末からログインすることができてしまいます。

結果、不正アクセスと変わらない状況が生まれるため、U-NEXTでは、一つの端末からでしかログインできません。

\ここまで読んでくれたあなただけにスペシャルオファー!/

コロナ禍でおうち時間が増えた中、有意義に時間を過ごしたいと思いませんか?

でもお金がかかる趣味はちょっと…というそこのあなたへ!

動画配信サービスHuluでは、わずか月額1,026円で地上波・海外ドラマ・見逃し配信など誰もが見たいコンテンツが盛りだくさん!

作品数はもちろん、サービスの使いやすさも抜群でこれで本当に1000円ちょっとで良いの!?って思っちゃうぐらい充実してるんですよね。

今なら無料お試し期間もついているので、とりあえず見てみるだけでもOK!

↓こちら↓からhuluをチェック!

圧倒的な作品数!とにかくいろいろな作品をチェックしたいあなたはU-NEXTがおススメ!

↓こちら↓からU-NEXTをチェック!

ワンコインでコスパ良く見放題と楽しみたいあなたはdTVがおススメ!

↓こちら↓からdTVをチェック!

U-NEXTのファミリーアカウントのは、契約者側が優先権を持つ

U-NEXTのファミリーアカウントですが、U-NEXTのファミリーアカウントは契約者側がすべての権利を持ちます。

例えば制限をかける場合、契約者側が対象となるファミリーアカウントに制限をかけることが可能で、自由に動画を閲覧できなくすることが可能です。

逆を返せば自由度が制限されている人物は、ファミリーアカウントでは満足できないと判断した場合、自分からU-NEXTの正規な契約者になれば制限はなくなります。

自由にU-NEXTの機能をフルに利用したい場合は個々に契約をするようにしてください。

U-NEXTは、ファミリーアカウントにおいては、有害コンテンツをブロックする機能がある

U-NEXTのファミリーアカウントには、子アカウント機能というものがあり、子供が有害なコンテンツを視聴できなくする機能が備えられています。

これはファミリーアカウントの年齢が未成年だから視聴できないという物ではなく、親のアカウント側で子アカウントを制御して個別に視聴できなくするという機能です。

この機能を有効に活用すれば、対象となる人物だけ、U-NEXTで配信されている暴力的な動画を閲覧禁止にすることができます。

つまりファミリーアカウントに関する決定権は親であるアカウントが受け持つので、子アカウントは制限を受けたうえで利用をする必要があります。

U-NEXTは、ファミリーアカウントにおいて、親がすべて優先される

U-NEXTのファミリーアカウントは、すべて契約者である親アカウントが優先されます。

よって同じ動画を閲覧する場合、優先されるのは親アカウントで、子アカウントは親が動画を見終わるまでその動画コンテンツを閲覧することはできないです。

これがU-NEXTのファミリーアカウントのデメリットです。

何をするにも親が優先されるので、子アカウントは制限化の中動画閲覧をする必要性があり、場合によっては閲覧できない動画が登場するなど動画視聴の自由度が下がります。

これを解消するには、自分が親アカウントになるしかないのですが、そうなると支払いは親アカウントがすべてを負います。

U-NEXTのファミリーアカウントは、独り身だと全く恩恵はない

U-NEXTのファミリーアカウントですが、これは家族や友達などの第3者において恩恵があるという物です。

自分しかいない場合、U-NEXTのファミリーアカウントのは恩恵はありません。

例えば、利用料を折半することもできませんし、何かコンテンツを購入する場合においても自腹です。

よってU-NEXTの機能をすべて使用できるという点においては自由度がありますが、料金を支払っているのは自分なので、ファミリーアカウントを作る必要性が無い場合、恩恵は一切ありません。

逆に友達にアカウントをあげることもできますが、友達が信用できる人物かどうか分からない場合、勝手にポイントを使用することもあるので第3者にアカウントをあげるのも利点が無いのです。

【こちらの記事にも注目!!】

U-NEXTでは登録・利用に年齢制限があるかどうかって知っていますか?年齢制限に関して気になる疑問をまとめたのでこちらの記事を参考に!↓

VODあるあるですけど、U-NEXTでももちろん通信量はそれなりにかかります。U-NEXTの通信量について実際どれくらいかかるのか・注意点等をまとめました!出先でスマホなどでよく利用される方は必読です。

コメントを残す