U-NEXTって動画の録画が可能なの?

U-NEXTは特殊なソフトを使用しないと録画はできない

U-NEXTで公開されている動画コンテンツには、プロテクトという物が施されており、これを解除して動画を録画することは禁止されています。

何故なら著作権がある動画コンテンツを大量に複製し、第3者に営利目的やただ単に与えたいという理由だけで動画コンテンツを録画されたのでは、U-NEXT側は大量の動画コンテンツを無償で第3者に提供したことになるためです。

その事からあえてプロテクトという物を施し、簡単に録画できないように工夫をしているのです。

逆を返せば、プロテクトをすり抜けて録画して複製することは可能ですが、これは法律に違反するので行うべきではありません。

U-NEXTの動画コンテンツ自体を録画すること自体が実は違法である

U-NEXTに限らず動画コンテンツをインターネット上で配信しているものの多くは、プロテクトという技術を用いて動画コンテンツが録画できない、もしくは複製できない状況にしています。

これをあえて解除して録画を行うのは違法行為です。

よく、故人で楽しむのであれば、問題ないというルールを持ち出す人がいますが、実はこれ間違った認識でれっきとして違法です。

何故ならわざわざ複製防止や録画防止のために、コピーガードという物を開発して日夜更新をしているのですから、これをわざわざコピーガード解除ツールを用いてガードを外すのは、いわば、絶対に立ち入り禁止と言われているエリアに無理やり入ってしまうことと同じです。

U-NEXT側はそれで対象となる物の端末に異常が起きても補償しようがないのです。

よって、U-NEXTのコンテンツを録画するのは違法です。

\ここまで読んでくれたあなただけにスペシャルオファー!/

コロナ禍でおうち時間が増えた中、有意義に時間を過ごしたいと思いませんか?

でもお金がかかる趣味はちょっと…というそこのあなたへ!

動画配信サービスHuluでは、わずか月額1,026円で地上波・海外ドラマ・見逃し配信など誰もが見たいコンテンツが盛りだくさん!

作品数はもちろん、サービスの使いやすさも抜群でこれで本当に1000円ちょっとで良いの!?って思っちゃうぐらい充実してるんですよね。

今なら無料お試し期間もついているので、とりあえず見てみるだけでもOK!

↓こちら↓からhuluをチェック!

圧倒的な作品数!とにかくいろいろな作品をチェックしたいあなたはU-NEXTがおススメ!

↓こちら↓からU-NEXTをチェック!

ワンコインでコスパ良く見放題と楽しみたいあなたはdTVがおススメ!

↓こちら↓からdTVをチェック!

U-NEXTの動画コンテンツは実はツールで解除して録画できるかどうかすらわからない

実は、U-NEXTの動画コンテンツは、特殊なコピーガードを取り除くツールを用いても実は録画ができるかどうかは分かりません。

ツール側もアップデートという形で対応してコピーガードを外すことができるようになるらしいのですが、これは鼬ごっこで録画をできなくするコピーガード側もアップデートを行いますので、U-NEXTの動画コンテンツは、簡単にツールを使用してコピーガードを外せば終わりという物ではないのです。

しかもツールを使用すれば、相手事業者、この場合U-NEXT側がそれらツールを使用したかどうかを確認する方法が存在していた場合、強制的に退会処分となる可能性もあります。

結果、違法であるからやめなさいとしか言えません。

U-NEXTに限らず、録画検知ソフトという物は導入され始めている

U-NEXTに限らず、特殊なツールを用いて録画を使用としている場合、それを検出して警告したり、あえて録画させるが全く内容を確認できないようにするソフトウェアなどが登場しています。

そのためU-NEXTに限らず、動画を録画することはほぼできなくなりつつあります。

これは当たり前で、月々に利用料を徴収することで動画コンテンツを見放題としているのがU-NEXTになりますので、延々と録画をされたのでは、いつしか会員を止めたものが録画した物だけを閲覧してしまう問題が起こる可能性があるため。

そのため録画をさせないという環境を作るのは当たり前であると言い切れるのです。

U-NEXTに限らず、規約で録画をするなとあるが故、規約に準ずるのが一番無難

U-NEXTに限らず、動画コンテンツの配信サイトの多くは録画自体を禁止しており、まして大量に録画した作品をコピーすることも禁止しています。

よって、規約でするなと言われていることを行った場合、相手側もするなということを行うことが許されるわけですから、U-NEXT側も対象となる録画者に対してしてはいけないことを行うことが許されるので絶対にしない方が無難です。

にもかかわらず、録画をすることは良いことであると述べているのはいわば、怪しいツールの販促を兼ねてビジネスになるが故、第3者は録画行為を称賛しているに過ぎないのです。

録画をしてトラブルが起きてもU-NEXTは絶対に関与しないし、責任も取る必要性もない

U-NEXT側は、怪しい録画ソフトを利用者が利用して、トラブルを起こしても関与仕様がありません。

何故なら、録画するなと規約にあるにも拘らず、プロテクトが作動して、対象者の周辺機器を破壊した場合においては、責任はするなと言われたことをした対象者にあるため、U-NEXT側は全くと言ってよいほど無関係です。

逆にプロテクトを作り上げた会社を訴えることが可能か、ですが、これも不可能で、危険な行為と理解したうえで、プロテクトを外していますので、この時点でプロテクトを作り上げた会社は責任を負いません。

よって、プロテクトを外して録画を使用とした人物の自業自得が成立します。

【こちらの記事にも注目!!】

U-NEXTでは登録・利用に年齢制限があるかどうかって知っていますか?年齢制限に関して気になる疑問をまとめたのでこちらの記事を参考に!↓

VODあるあるですけど、U-NEXTでももちろん通信量はそれなりにかかります。U-NEXTの通信量について実際どれくらいかかるのか・注意点等をまとめました!出先でスマホなどでよく利用される方は必読です。

コメントを残す